[Oracle Cloud] File Storage Serviceを作成してOCI Database(DBaaS)からマウントしてみた

本記事の目的

File Storage Service(以下FSS)を作成して、DBaaSからマウントするまでの手順について説明します。

ファイル・ストレージ・サービスの説明
エンタープライズ・グレードのファイル・ストレージ
Oracle Cloud Infrastructure File Storageは、圧倒的な拡張性、可用性、耐久性およびパフォーマンスを備えた、クラウドの永続的な共有ファイル・システムです。Oracle File Storageは、NFSv3、スナップショットおよび暗号化をサポートしています。
https://cloud.oracle.com/ja_JP/storage/file-storage/features

 

 

前提/準備

FSSをマウントするインスタンスであるDBaaS(VM)は事前作成済み。

 

手順

Configuring VCN Security List Rules for File Storage

FSSを所属させたいVCNのセキュリティリストに、マニュアルに記載されている以下のルールを追加します。

File Storage requires stateful ingress to TCP ports 111, 2048, 2049, and 2050 and stateful ingress to UDP ports 111 and 2048.

 

Creating File Systems

以下の手順でFSSの管理画面を開いて、新規のFFSを作成します。

  1. Open the navigation menu. Under Core Infrastructure, click File Storage and then click File Systems.
  2. In the left-hand navigation, in the List Scope section, under Compartment, select a compartment.
  3. Click Create File System.

 

Mounting File Systems

・マウントオプション確認

作成したFFSの詳細画面から任意のインスタンスからのマウントオプションを確認できます。

今回は以下のようなコマンドが取得できました。

sudo yum install nfs-utils
sudo mkdir -p /mnt/FileSystem-20190220-0148
sudo mount 10.0.0.15:/FileSystem-20190220-0148 /mnt/FileSystem-20190220-0148

※マウント用のディレクトリ名はFSS作成時に指定可能

・nfs-utilsパッケージのインストール

NFS (Network File System) を利用すると、 ホストはリモートのシステム上にあるパーティションをマウントし、 ローカルのファイルシステムと同じように使用することができるようになります。 これにより、 管理者側はリソースをネットワーク上の一元的な場所に格納し、 認証ユーザーに安定したリソースアクセスを提供できるようになります。

Red Hat Enterprise Linux では、 NFS に完全対応させる場合は nfs-utils が必要になります。 rpm -q nfs-utils を実行して nfs-utils がインストールされているか確認してください。

参考)第6章 ネットワークファイルシステム
https://access.redhat.com/documentation/ja-jp/red_hat_enterprise_linux/6/html/managing_confined_services/chap-managing_confined_services-network_file_system

 

・マウント先のディレクトリ作成

※ディレクトリ名は任意でOK

 

・rpcbindの起動

※DBaaS固有の手順

 

・iptablesの更新

※DBaaS固有の手順

 

・FFSマウント

⇒マウント成功!

 

・書き込みテスト

 

参考情報

・マニュアル「Overview of File Storage」
https://docs.cloud.oracle.com/iaas/Content/File/Concepts/filestorageoverview.htm

・OCI Hands-on Labs File Storage Service
https://oracle.github.io/learning-library/oci-library/L100-LAB/File_Storage_Service/FSS_HOL.html

・Oracle Cloud File Storage Service を使ってみる
https://cloudii.atomitech.jp/entry/2018/08/22/191619

スポンサードリンク

2 Trackbacks / Pingbacks

  1. [Oracle Cloud] IPSec(libreswan)で繋いだAWS(EC2)からOCI上のFIleStorageServiceをマウントしてみた - IT Edge Blog
  2. [Oracle Cloud] IPSec(libreswan)で繋いだAWS(EC2)からOCI上のFIleStorageServiceをマウントしてみた – IT Edge Blog

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*